NURO光でテレビを見る方法と申し込みの際の注意点

NURO光でテレビを見る方法と申し込みの際の注意点 基本情報

NURO光でもオプションの「ひかりTV for NURO」を申し込めばアンテナを設置しなくても地デジを見ることができます。

アンテナを設置しても建物やお住いの地域によってはテレビを受信できなかったりする場合もあるので、ご家庭によっては光回線を利用してテレビを視聴するケースもあるはずです。

ただし、NURO光の場合はお住まいの地域によって「ひかりTV for NURO」に申し込むことができないことがあるのでNURO光でテレビの視聴を検討されている方は注意が必要となります。

この記事ではNURO光でテレビを見る方法や申し込みの際の注意点についてご紹介していきたいと思います。

ひかりTV for NUROとは?

ひかりTV for NURO

ひかりTV for NUROは映画やドラマ、アニメなど好きな動画をいつでも再生して楽しめるビデオオンデマンドサービスと多彩なチャンネルサービスが視聴できるひかりTVをNURO光のオプションとして利用することができるのがこの「ひかりTV for NURO」というサービスです。

ひかりTV for NUROを申し込むと映画やドラマ、専門チャンネルだけでなく地デジも視聴できるので、アンテナを設置しなくてもテレビを見ることができます。

筆者はNURO光を利用する前に契約していたドコモ光では「ひかりTV for docomo」を利用してしましたが、光回線を利用して地デジをテレビで見ることができるので、アンテナ設置が難しい住宅には一つの選択肢としておすすめです。

ビデオオンデマンドサービスが利用できるプランや専門チャンネルが選べるプランなど色々なプランがあり利用料金も様々なので各ご家庭に合った最適なプランを選びましょう。

また、ひかりTV for NUROを新規でお申し込みすると様々な特典が適用される場合もあるので、NURO光の公式サイトを確認してみましょう。

ひかりTV for NUROの料金プラン

ひかりTV for NUROの料金プラン

ひかりTV for NUROは地デジやBSのみ視聴したい方がリーズナブルな料金で利用できる「基本放送プラン」から、専門チャンネルやビデオサービス(VOD)も楽しめる「お値うちプラン」など様々なプランが容易されており、利用するプランによって月額料金が大きく異なります。

以下ではひかりTV for NUROの料金プランをご紹介いたします。

プラン サービス内容 月額料金
基本放送プラン 地デジ/BS 1,000円
ビデオざんまいプラン 地デジ/BS/ビデオサービス 1,500円
テレビおすすめプラン 地デジ/BS/テレビサービス 1,500円
お値うちプラン 地デジ/BS/ビデオサービス/テレビサービス 2,500円

地デジをメインに利用したい方はリーズナブルな「基本放送プラン」が良いでしょう。

ただ地デジを見るだけのために月額1,000円は高いと思いますので、できればアンテナを設置したほうが後々のことを考えると費用は抑えられると思いますが、建物自体にアンテナを設置したくない人や地域的に地デジの受信が難しい方は検討してみるのも良いと思います。

地デジ+動画配信サービスも楽しみたい方は、オンデマンド配信が楽しめる「ビデオざんまいプラン」や専門チャンネルの視聴もできる「お値うちプラン」がおすすめ。

ひかりTV for NUROの申し込み特典

ひかりTV for NUROの申し込み特典

執筆時点では月額基本料金やチューナーレンタル料が最大2ヶ月無料に加えて、ぷららポイントが毎月540pt貰える新規加入特典が適用されます。

ただし、この新規加入特典は基本放送プランは適用外となるので注意が必要です。

特典内容は更新される可能性があるため、申し込みするタイミングによって異なったり終了している場合もありますが、お得なキャンペーン特典が用意されていることもあるので、気になる方はNURO光の公式サイトで確認してみてくださいね。

ひかりTV for NUROを申し込む際の注意点

地デジや動画が視聴できる「ひかりTV for NURO」ですが、執筆時点では対応エリアが限られるほか、専用のチューナーが必要になるなど、いくつか注意点もありますので申し込む前に認識しておくようにしましょう。

ひかりTV for NUROの視聴にはチューナーが必要

NURO光とひかりTV for NUROを申し込みしただけでは視聴することができません。
視聴するにはひかりTV対応チューナーが必要になるので覚えておきましょう。

専用チューナーは無料で提供されているものではないので、自分で購入するかレンタルする必要があるので注意が必要です。

レンタルの場合は月額500円を別途支払う必要がありますので、基本料金と合わせると基本放送プランは月額1,500円、お値うちプランは3,000円となります。

申し込みできないエリアがある

関東や関西エリアだけでなく、現在は東海エリアや九州などNURO光の対応エリアは広がっていますが、ひかりTV for NUROを申し込みるのは一部エリアのみとなっているので注意しましょう。

ひかりTV for NUROのサービス対象エリア外だと申し込みができないので利用することができません。

随時対応はしてくると思いますが、ひかりTV for NUROを利用する前提の方はNURO光を申し込む前に利用できるか確認しておくようにしましょう。

ひかりTV for NUROを導入するメリット・デメリット

今回はひかりTV for NUROについてご紹介してきましたが、個人的に感じるメリットとデメリットについてご紹介していきたいと思います。

アンテナを設置する必要がないのが最大のメリット

以前、筆者は戸建ての賃貸物件に住んでいましたが、その住宅にはテレビアンテナが設置されていませんでした。
さらに周辺一帯はテレビの電波が弱く、設置してみないと綺麗に地デジが映るかわからないと言われました。

所有している物件ならまだしも、そう長くは住まない賃貸物件でアンテナを設置するのは難しいという結論になり、ネットでテレビが見れるドコモ光のオプションで利用できるひかりTVを導入した経緯があります。

建物にアンテナを設置するのが難しい場合や電波が弱い場合は、アンテナ設置不要でインターネット回線があれば気軽に地デジが視聴できるのが最大のメリットと感じました。

もちろん利用料金は支払いますが、テレビをよく観る方は選択肢の一つとしてオススメです。

地デジを見るためだけでは割高感がある

今は膨大な量の映像コンテンツが月額500円で見放題できる時代の中、地デジを観るためだけに月額1,000円を支払うのは個人的にはちょっと高い気がします。

専用チューナーをレンタルすればさらに高くなりますので負担はもっと大きくなります。

アンテナ設置の初期費用は高くても長年利用するのであれば毎月利用料金を支払うよりも安くなることも考えられるので、筆者のように賃貸の戸建てに住む場合や「アンテナが設置できない」などの理由がなければ、しっかり再検討することをおすすめします。

もちろん、ひかりTVはビデオオンデマンドや充実したチャンネルサービスがあるので、用途によっては利用する価値はあると思いますが。

まとめ

地デジを観るためだけでは割高感がある「ひかりTV for NURO」ですが、用途によっては検討する価値はあると思います。

私も実際、光回線で地デジを観ていた経験がありますが、遅延などもなく普通のテレビ放送と同じ感覚で楽しめたので良かったです。

家にアンテナを設置するのが難しい方や賃貸物件にお住まいの方は利用してみるのも良いでしょう。

ひかりTV for NURO

公式:NURO光

コメント

タイトルとURLをコピーしました